療育センターでのサポート

2019年11月23日 21:28
カテゴリ:ベビー期

小児科受診後、お子様の成長をサポートしてくれる場所があります。
大きく分けて3つ

PT…体の動かし方や日々の生活で出来る運動方法など教えてくれます
一番最初に受けるサポートになると思います。早い方だと生後3ヶ月位から受けているようです。

OT …手や腕などの筋肉や指先を上手に使えるように教えてくれます
個人差はありますが、5~6ヶ月くらいから色々なオモチャを使って楽しく学ぶことができます。
ST…嚥下・咀嚼といった摂食指導や言語・発語を引き出せるよう教えてくれます
摂食は1歳前や母子入院中に指導がある場合も多く、言語は主治医や体調によって異なりますが、3歳前後から始まるお子様が多いです。
言葉が出にくくてもジェスチャーやサインを使って将来的に相手に自分の気持ちを伝える手段をサポートしてくれます。

1歳前後になると療育センター内の母子共に通園に通うことができます。
(療育センター小児科医の許可と通所受給者証が必要です)
毎日通う必要はなく、県内に住んでいる方であれば通うことができます。
手遊び歌やトイレトレーニング、給食など就学まえから学ぶことができます。
PTやOTに来ながら通うお子様も多いです。
秋田市内に住所があれば、1歳から無料で竹生療で資格はありませんが、ポーテージやPT、OT が受けられます。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)